介護予防サービスの紹介なら?

『改正介護保険制度』介護保険法が2005年に改正されました。
そこで新たに新設されたのが「介護予防サービス」です。
それによって、介護保険料を納付しなければなりません。
その介護保険料と言うのは、介護保険制度を運営するために必要なものです。
その中の介護予防については、要介護状態にならないためにサービスを利用し防いでいくこと、要介護状態に例えなってもその状態を悪化させないように予防することです。
そんな介護予防サービスは、誰でも受けられると言うものではありません。
要介護認定で「要支援1」「要支援2」の認定をされた人だけとなっています。
また例え要支援にならなかった人も、地域支援事業と言う改正介護保険で新規に法整備されて作られた介護予防サービスを受けることができます。
そして「新予防給付」についてもそうですが、上記に挙げたサービスのことを指します。
「要支援1」、または「要支援2」の軽度の人を対象にして行う介護予防サービスになります。
または要支援状態、要介護状態になる可能性がある高齢者の人を対象にして行われる地域密着型の介護予防サービスです。
高齢者のその時の状態により地域支援事業から新予防給付と言う流れで統一された介護予防サービスが行われます。
そうなっています。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】