最近は看護師の数が足りない?

近頃は、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。
せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。
このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。
それは看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思いますよねー★それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。
今、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。
ですが、看護師国家試験の勉強をして3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があります!!!病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても大変だというのが現状です。
看護師の転職情報サイト「看護のお仕事」の魅力的な点は、結局は、転職が決まったらもらえる転職支援金です。
いい条件で転職できる可能性があるのに、さらに、なんと、支援金がもらえるなんて、いいことずくめですよね。
看護師転職サイトの中でも大人気なのは、この支援金も理由の一つだといえそうです。
慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。
希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、雇用する側との面接になるでしょうね!!私もがんばろうと思います!これまでの経験や職務について、志望動機など質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。
しかし、実務的なことの他に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も調べられているのです。
技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。
退職金に不安を感じている看護師さんがもしかしたら、多いかもしれません。
退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなりますよねー★その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。
小さいクリニックでは、退職慰労金も少ないです。
夜間に勤務することが多いので、大分部の人にとっていいとは限りませんが、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が待遇が良好でしょう。