介護事務の資格とは?

介護事務とは介護事業を運営するために必要な事務作業の能力があるかどうかを評価するための資格です。
単なる事務作業とは異なって介護事業のための事務作業という事ですが、なぜこのような資格があるかというと、介護事業をするためには独特の業務があるからなのです。
最も特徴的なのは介護報酬請求業務でしょう。
介護保険では費用の1割を利用者が支払って、残りの9割は国や地方自治体が負担することになります。
実際に介護業務を行った場合には、被介護者から1割の料金を受け取り、そして9割は国や地方自治体に請求するということになります。
介護事務をするために必要な能力としては、介護保険に関する知識が必要であることはもちろんですが、介護報酬を計算して請求するという能力などがあり、また一般的な受付業務ができるということも必要となってきます。
つまり、実際の現場では「パソコンが使えたほうが良い」のではなくて「パソコンが使えなければならない」と考えておいたほうが良いと思います。
介護事務の資格は介護事務管理士や介護事務実務士、ケアクラークなどいくつかあり、それぞれ異なる民間団体が認定をしています。
事務系資格取りたい!女性におすすめは?【就職に他の人と差をつける!】