新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

金利に関しましては短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますので安心して利用することができます。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

リフォームローン金利比較を行う際は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資の金額は50万円以上1000万円以内とされており、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団信の加入可否についてや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

リフォームローンの一体型とは平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。

担保の有無によっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプには2種類あって変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、追加融資が難しい金融機関においては予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

参考:新生銀行リフォームローン金利は安い?中古住宅購入!【借り換えも?】

関連ページ