借り入れたリフォームローンが余った場

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >借り入れたリフォームローンが余った場

□借り入れたリフォームローンが余った場

借り入れたリフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、追加融資が難しい金融機関においては予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとして【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しめになっているようです。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

リフォームローンの金利ですが金融機関によって異なります。

低い金利は1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されますただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用可能なリフォームローンです。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

控除の申告をするとその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下という条件があります。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top