アプラスのリフォームローンはTポイントを貯め

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >アプラスのリフォームローンはTポイントを貯め

□アプラスのリフォームローンはTポイントを貯め

アプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録せず利用できるのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですからリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10です。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

減税の対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームです。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいという傾向があるそうです。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資額は50万円以上1
000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)リフォームローンの口コミでは、口コミ評価が良い金融業者が良い業者とは限らないということです。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しいと言われてます。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top