比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担

□比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームです。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

対象となる工事内容についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

申請する側についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

金利や審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

親切なサイトでは金融機関のリンクが貼られていますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要でネットで完結できるローンが増えています。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

最近話題のアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しくフラット35リノベが登場しました。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンの口コミというのは、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しい傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top