リフォームローンの一体型とは要は、住宅ロ

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >リフォームローンの一体型とは要は、住宅ロ

□リフォームローンの一体型とは要は、住宅ロ

リフォームローンの一体型とは要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがだんぜんおすすめです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンの金利は金融機関によってかなり異なります。

低い金利になると1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系も2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形と無担保型があり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

勤続年数や雇用形態に問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さいリフォームになります。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く比較的審査に通りやすいようです。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。

個人情報の登録などは一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑ですので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となる工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

利用者に関しても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため確定申告を行わなければ適用されません。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

アプラスの金利ですが、短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top