リフォームローンの頭金を用意するに当たり、

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >リフォームローンの頭金を用意するに当たり、

□リフォームローンの頭金を用意するに当たり、

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは工事業者によって異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

リフォームローンの口コミというのは、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しいと言われてます。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。

申請する側についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

また減税の申請は自己申告制なので確定申告が必要となります。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新たな商品であるフラット35リノベが登場しました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは金利の引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

リフォームローン金利比較をするのであれば口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

比較検討したい金利や借入限度額など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

支払に破綻のない返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

無担型ローンをお勧めする場合は規模が小さいリフォームになります。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけません。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団体信用生命保険の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top