口コミなどの評価が高いおすすめのリフ

リフォームローン金利ランキング!相場は安い?

TOP PAGE >口コミなどの評価が高いおすすめのリフ

□口コミなどの評価が高いおすすめのリフ

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資金額は50万円以上1
000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンがだんぜんおすすめです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

アプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利に関しましては短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

リフォームローン金利比較を行う際は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

金利や借入限度額、審査時間など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税ですね。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件付きになっています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

対象となる工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超えないと適用されません。

申請する側についても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売開始になりました。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。



Copyright (C) 2018 リフォームローン金利ランキング!相場は安い? All Rights Reserved.
top